toggle

ロマンスグレーなヘアカラーとは??

2018年10月21日

今年も残す所

あと2ヶ月と少しとなりました!

 

夏が終わるとアッという間に

年越しへのカウントダウンが

始まったような気になります(*_*;

 

 

1年なんてあっという間!

人生もアッという間、

 

折り返して、後半に入りました!

 

 

小林でございます('◇')ゞ

 

 

この世に生を授かり30幾許・・・

 

それは増えてきますよね・・・

 

キラーーん☆って光る

 

そう、

 

白髪です・・・

 

 

年々増えている事は間違いないでしょう!爆

 

 

僕が美容師になった頃は

 

【茶髪ブーム】というものがございまして

 

カラーが浸透し始めた頃で、

カラーをする=髪が茶色になる

 

髪が茶色=チャラい!?

 

というような風潮が

少なからずあったような気が致します(;^_^A

 

白髪を染めるといえば、

 

黒!

 

もう染めたてツルツルの黒髪!

 

アンチ茶髪の方は

茶色を少しでも発色させてしまうと

すぐお直し!

という事も少なくありませんでしたわよ!

 

 

あれから月日が流れ、

今となっては、

アッシュブラウン

 

マットブラウン

 

ベージュブラウン

 

色のバリエーション増えましたね!

 

ヘアカラーというものが浸透し

一般化した結果だと思いますが、

 

わたくし小林の見解としましては

 

あと10年ほどしたら、

また

世の中のヘアカラーの認識は

変わっているんじゃないかと思います。

 

茶髪時代を全盛期で過ごしていた方も

月日が経ち、

企業や会社の重役になっている時であり、

 

女性も社会進出しており

よりヘアカラーへの認識が寛大になっている

 

 

というか

 

当たり前な時代になっていてほしい!と

思います。

 

では、

 

今はどんなカラーが流行ってるの?

 

かといいますと!

 

グレージュではないでしょうか

 

ロマンスグレー

 

こんなフレーズをよく耳にすると思うんですが

 

最近シェリエのお客様でも

 

 

「そろそろ染めるの止めて白くしようと思って・・!」

という方がいらっしゃいます

 

が、・・

 

でもですね・・・

 

 

ちょっと待ってください!

 

 

意外になんですが、

 

大体の方がカラー止めると

真っ白になると思ってらっしゃる方が多数なんですが

真っ白になる方の方が少ないんですよ・・!

 

根本からチラっと見えてると

だいぶ目立ちますからね

 

そう思ってしまうのも仕方ないのですが

 

大体全頭の50%が白髪だとグレーに見えます。

しかしですね、

 

長年染めてきた染料は

なかなか退色しないんですよ( ノД`)シクシク…

 

 

退色していく過程で

黒→茶→オレンジ→黄色

となっていきます。

 

これに耐えられるか否かが

綺麗な白髪への分かれ道になるんですが、

挫折しないために一つご提案がございます。

 

僕のお客様で何人かの方で

カラーをやめてホワイトヘアーにした方の体験談なんですが

 

すごい老けてみられた

 

『周りの方に驚かれ、カラーしてた時の方が良いと言われた』

 

など、

 

いきなり黒から白にすると

自分ならず、周りからも

思いもよらぬ感想が待っているみたいなので

 

 

途中で1クッションはさんであげるといいと思います

 

そのオススメの色というのが

【ロマンスグレー】だったり

【グレージュ】など、です。

 

なぜグレーがいいかと申しますと

 

グレーは黒の色相で、その明度を上げたものが

白になるので、

その逆もまた、なじみが良いのです。

 

茶色というのは赤が入っているので

それですと、どうしても

色相が違うので

なじみが悪くなります。

 

そうなると彩度を下げる必要が出てくるのですが

 

 

 

・・・

 

 

(笑)

 

 

 

彩度を下げると、どうしても明度も下がるので

白との差が出るのでなじみが悪く

目立ってきてしまうんですよね( ノД`)

 

ですが

 

グレーを白髪に濃く入れるというのが

これまた難しいんですよね・・・

 

使う薬剤の見極めと

発色パターンを理解しないと

きれいに発色させるのが大変なんですよね・・(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

なかなか画像ですと伝わり難いと思いますが。

お客様で綺麗に発色したなと思ったので

撮らせて頂きました。

 

白髪の量が少なければグレーの明度を下げ彩度を下げ気味

   ↓

(暗めの濃いめのグレー)

 

白髪の率が高ければグレーの明度を上げ、彩度も上げ気味

   ↓

(明るめの薄めのグレー)

 

という感じで発色させていくと

白髪と馴染みやすいグレージュに

なると思います。

 

いずれにしても、

 

どの明るさで

どの発色具合にするか、

 

ワンプロセスですと、そこの落とし所が

とても大事になってきますので

 

しっかりお話させてから施術させていただきますので

 

ご希望のイメージはドシドシ伝えていただければと思います。

 

 

 

 

私事ではありますが

 

 

シザーを新調致しました。

 

長年連れ添った相棒も

もう10年選手だったので

少しくたびれてきましたので

 

メインのベースカット用のシザーと

セニングを変えました。

 

長年連れ添った相棒とはまた感触が違いますが

馴染む様にガシガシ使っていきたいと思います♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

This article written by 小林 良昌

小林 良昌

SHARE US !!
関連記事

ご予約

ご予約

スマートフォンでご予約出来ます!

LINE

友だち追加

LINEも可能です。