toggle

新カラー剤品評会!

2019年07月07日

 西日本では記録的な大雨となっており、

関東もいつか

その脅威にさらされるのかハラハラな

小林でございます

 

僕は美容師なので

梅雨対策といえば

もっぱら、

髪の乱れ広がり対策なのですが、

 

その筆頭といえば、

ストレート施術なのですが

 

サロンワークでもこの時期

オーダーが多いメニューになり

 

私も得意な施術なのですが、

画像をいつも撮り忘れるので、

 

今日は技術ではなく

薬剤の事について

お話させて頂きたいと思います。

 

技術についてはそのうち

黒崎がアップすると思います!(笑)

 

 

そこで、

おひとつ質問させて頂きたいと思います。

 

 

「あなたが最後に縮毛矯正したのはいつになりますか?」

 

・・・

 

10年くらい前でしょうか?

15年くらい前でしょうか?

・・・

 

そのくらいかな~!?と該当された方

 

それ以来、施術はうけていないでしょうか?

 

その時、

ツンツンになりすぎた!

ダメージでギシギシになった!等の

 

ネガティブイメージが印象に残っていますでしょうか?

 

その原因は昔は薬剤の力が強すぎて

本来残すべき

髪の体力まで削っていた事にあります!

 

今の薬剤は、

というか、

シェリエで使用している薬剤は

かなりマイルドなものを使用しております。

 

弱アルカリ性寄りの中性領域になり

PHとしては大宮の水道水より

少し強いかな?くらいになります。

(もちろんもっと強い薬剤も使います)

 

この数十年のうちに

縮毛矯正の薬剤と、カラー剤、

 

特に白髪染めの薬剤の進化はすごいです!

 

初期の白髪染めなんてもう・・・

大変だったんですから(;^_^A

 

特にですね

シェリエは

イルミナカラーの使用が多いのですが

 

その噂が耳に入るのか、

イルミナカラーを作っている

ウエラ社の方がヒアリングに来てくれます。

 

そして、

商品サンプルを置いていってくれます(ありがたや)

 

 

今、オーダーの多い

シルバーグレイ系のカラー剤のサンプル達♪

 

 

気になるものや導入を考えているものは

試してみて良くないと決めないのがシェリエ!!

 

ということで!

 

 

一週間前にカラーしたばっかりな長島で実験!(笑)

 

今回はハイトーン(約10トーン)での

シルバーの色味の発色具合を検証します。

 

シルバー系の様な

無彩色な色の、特に高明度(明るい色)を

しっかり発色させるのは難しいんですよ・・

 

特にヘアカラー剤ですと、

毛髪との馴染みを考慮されていて

補色が配合され、それによって

思い通りの発色にならない事もあるので

 

色素の濃さや発色具合と

補色や反対色の有無や

その色の発色具合も確認しないといけません。

 

あとは、

頭皮への刺激、臭い、ダメージ具合

操作性、等々

 

検証しなければならない所は色々あります

 

 

そして仕上がりです

 

 

分かりますでしょうか?

 

元の髪の黄色具合は少し抑えられましたが

すこし色が薄い気がします・・

 

 

 

という事は

アンダートーン(元の髪の明るさ)が

暗いという事になりますね・・

 

 

でも、選択したトーンとしては

だいぶ上出来な発色だと思います

 

 

もう少し色々研究して

皆様に良いものをお届けできるように

精進してきます(^^)/

 

 

 

 

This article written by 小林 良昌

小林 良昌

SHARE US !!
関連記事

ご予約

ご予約

スマートフォンでご予約出来ます!

LINE

友だち追加

LINEも可能です。